僕は最近受け持つことになった花音の扱いに困っていた。授業の度にその小さな身体で僕を誘惑してくるように感じていたからだ。挑発的な服装で下着を着用せず授業を受け大人びた笑みを浮かべている花音、遂には僕のチンポに手をかけ、慣れた手つきでそれを弄んだ…そして、花音は誘惑をエスカレートさせ僕を性の樹海へと誘うのだ…