今日、久しぶりに逢える…。人目を避けて薄暗い地下駐車場で待っていると、小走りに咲流がやってきた。旦那の目を盗んで抜け出してきた咲流は「会いたかった…」と車内に入ってくるなり熱いキスをしてくる。旦那が怪しんでいるからこれだけで終わりにしようと考えていたが、キスでスイッチが入った僕たちはそこでやめることができなかった…。体が疼いてしかたがない様子の咲流は濃厚キスで吐息を漏らし、ピン勃ちしている僕の乳首をやらしい舌使いで丁寧に愛撫する。パンパンに膨れ上がった股間に気づくと、嬉しそうにパンツを脱がせて僕の反応を楽しむように手のひらでこねくり回し、オクチですっぽり咥え込み卑猥な音を鳴らしながら涎でベットベトにしていき、「我慢できない」と既に薄濡れたマ●コを僕の顔面に押し付けてのクンニで絶頂。背面座位でそのままナマ挿入すると激しい腰使いで猥ケツが波打ってるのに興奮し、対面座位で狭い車内に響き渡る喘ぎ声を聞きながら人妻の熱気ムンムンの膣内に精子を放出する。※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。※この商品は専用プレイヤーでの視聴に最適化されています。※VR専用作品は必ず下記リンクより動作環境・対応デバイスを確認いただきご購入ください。