平穏な生活が一変した日…。ちょっとした過ちが男たちの恨みを買い、その代償に肉体を蹂躙される妻たち…。夫の上司に集団で…、増えすぎた借金のせいで…、傲慢過ぎた妻への罰は…。決して夫には打ち明ける事が出来ない秘密と、犯●れることが新しい日常に…。「きっと私が悪いのです…犯●れて当たり前の私なんです…。」