不安と期待が入り混じったような作り笑顔の女。仕事柄普段から気を使っているであろう彼女のメイクや着こなしはとても上品に見える。そんな最初の印象からは、この後見せる凄まじい乱れっぷりなど想像もつかなかった。徐々に露出されていく柔肌は微妙に赤く染まり少し震えている。そんな反応を見逃すわけもなく、弱いところをジワジワ責め崩していく性感責めが始まる。それは女の中に潜むとてつもない絶頂性能を引き出していった。