僕は明日結婚する。今日は独身生活の最後の日、つまり結婚式前日。妻には無理を言って大事な教え子たちのゼミをさせてもらった。「先生おめでとうございます!」「新郎さんw」と生徒たちが寄せ書きまで書いて祝福してくれる中、いつも静かで真面目な詩月が何か言いたそうだった。でも彼女はお祝いの言葉だけ残して帰ったが何かモヤモヤした感じだった…。帰り道に突然のゲリラ豪雨に合い、びしょ濡れで帰宅するとピンポーンとインターホンがなり、「こんな雨の中誰だろう」と思いドアを開けると雨でびしょ濡れになった詩月がいた。彼女は言いたい事があるとこのゲリラ豪雨に傘もささずにやってきたらしい。詩月はまた言い出せない感じだったが意を決してまっすぐな目で言い出したのは「……先生が好きです」その言葉に動揺はしたが彼女のつぶらな瞳で伝えようとする健気な姿と雨で下着が透けて見えるほどシャツが濡れて、今まで気にしていなかった詩月の大きいおっぱいの形がくっきりと見え、僕は結婚のことは忘れていつの間にか男として彼女を抱き始め、一生で最後の浮気をしてしまう…。※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。※この商品は専用プレイヤーでの視聴に最適化されています。※VR専用作品は必ず下記リンクより動作環境・対応デバイスを確認いただきご購入ください。