父は次女のゆいを愛して止まない。ゆいは父の強引な欲求を制止できずに、ずるずると受け入れてしまう。ゆいの嫌がり眉間に皺を寄せた表情がたまらない。